2007年04月08日

Firefoxで起動時のマスタパスワード入力が2つ表示される

 少し前からFirefox起動時、以下のようにマスタパスワード入力のダイアログボックスが2つ表示されるようになってしまいました。ちなみに、バージョンは2.0.0.3。

 このダイアログ、どちらにも正しいマスタパスワードを入れないとFirefoxが起動しません。面倒くさかったのですが、Firefoxの再起動はそう頻繁に行うわけではなかったのでしばらく放置していました。しかし、最近Firefoxを使い続けているとレスポンスが悪くなるようになってきたため、1日に1回くらいFirefoxを再起動することに。こうなると、めんどくさくてたまりません。どこかに対処法がないかと軽くググってみたものの同様の現象を見つけきれなかったので、自分でトラブルシューティングしてみました。 

 まずは、Firefoxの設定から「マスタパスワードを使用」をはずして再起動。再度マスタパスワードを設定してみましたが現象は変わらず。

 次に、アドオン(拡張機能)をいったんすべて無効にして再起動。すると、マスタパスワード入力のダイアログボックスが表示されなくなった。そういえば、そもそも起動時にパスワードの入力を入れなければならないわけではなかったはず。ヘルプを確認すると

マスターパスワードを使用する

保存されたパスワードや証明書などの取り扱いに注意が必要な情報を、マスターパスワードを使用し暗号化することによって保護することができます。マスターパスワードを設定すると、Firefoxを起動してから保存されたパスワードや証明書に最初にアクセスするとき、パスワードの入力を求められます。

とある。やはり、パスワードの入力は起動時に表示されるわけではなかった。ではなぜ起動時に表示されるのか?そこで思い当たったのが、GmailManagerというアドオン。かなり前からGmailManagerを使っていたので忘れかけていましたが、私はこのアドオンで起動時に自動ログオンするように設定しています。これにより、Firefox起動時に「GmailManagerが保存されたパスワードにアクセス」することでマスタパスワード入力のダイアログボックスが表示されるようになったんだと思います。長いこと起動時にマスタパスワードを入力していたので、すっかり本来の仕様を忘れていました。

 そこで今度はGmailManagerのみ無効化してみる。ビンゴ!起動時にマスタパスワード入力ダイアログボックスは表示されなくなった。試しにパスワードを記憶させているサイトにアクセスすると、マスタパスワード入力ダイアログボックスが表示される。これで原因がGmailManagerにありそうだと判明。後はなぜ2つ表示されるかです。ここでいったんGmailManagerを有効にしてFirefoxを再起動。

 すると....。マスタパスワード入力のダイアログボックスが1つだけになった。うーむ、とりあえず解決したからいいとしますか。

 完全に原因を突き止めたわけではありませんが、もしFirefox起動時にマスタパスワード入力のダイアログボックスが2つ表示されるようになた場合、一度GmailManagerなど「起動時に保存されたパスワードや証明書に最初にアクセスするようなアドオン」を疑ってみると解決できるかもしれません。

posted by M3 at 13:07| Comment(1) | TrackBack(0) | Firefox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

Bluetoothでハンズフリー mobilecast mBand/mLink&SoftBank 811SH

2つのBluetoothヘッドフォンmobilecast mBandmLinkとSoftBankの携帯電話811SHですが、問題なく連携できました。しかも、このエントリでは

mobilecast mBandも聞くだけなら切り替えができるのですがマイクがありませんでした。その点、こちらはマイクもあるため、通話と音楽試聴をシームレスに切り替えることができます。

と書いておりましたが、実はmobilecast mBandにもマイクがあることがわかりました。そのため、どちらもハンズフリーとして使えます。設定は簡単です。まず、ヘッドフォン側で電源ボタンを長押しします。そして、811SH側のBluetooth設定画面から周辺デバイス検索をするだけです。

 

後は、検出されたデバイスを登録するだけです。mLinkMPX3000D-MRと認識されました。

一方、mobilecast mBandMPX2000と認識されました。

 次からは、登録済みデバイスから利用したいデバイスを選択し、接続を選ぶことで接続できます。

 これでハンズフリーで携帯電話が使えます。慣れると結構便利ですね。もっとも、周りの目が少し気になりますが。

posted by M3 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

長崎の仇を江戸で討つ 佐世保バーガーが食べたい

 正確には「佐世保の敵を高円寺で討つ」かな?もちろん、もとは「江戸の仇を長崎で討つ」ということわざ。意味は、「江戸と長崎とはとても離れているところから、意外な場所で昔の恨みの仕返しをすること」

 先日の長崎旅行ではイルカウォッチングは天気に恵まれたものの翌日予定していたハウステンボスはキャンセル。しかし、それよりも密かに楽しみにしていた佐世保バーガーが食べられなくなってしまったことが残念でなりません。

 佐世保バーガーは、佐世保市名物の手作りハンバーガーの総称です。ひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める」ハンバーガーの総称。佐世保は日本におけるハンバーガー伝来の地らしく、アメリカ海軍から教わったハンバーガーを佐世保独自のアレンジで熟成させて来たものが現在へと受け継がれてます。最近は、トヨタ・ラクティスのCM(九州版)でも出てきます。CMでも一目瞭然ですがその大きさも特徴です。予定していた佐世保のログキットという店では直径15cm〜20cm以上になる事もあるそうです。

 しかし、我が家から佐世保は車で3時間弱。今回チャンスを逃したので次回佐世保に行くのはいつになるやら。地元にも佐世保バーガーの店はあり、味はいいのですがサイズが小さい。どうせなら、大きいのを食べてみたい。ということで、旅行ではいけそうにないのでよく出張に行く東京にないかと調べてみると...。

 なんと、そもそも「佐世保バーガー」と命名したのは東京・中野に「ZATS BURGER CAFE(ザッツ・バーガー・カフェ)」という店であることが判明。現在東京では中野に2つ、高円寺に1つの計3店舗あるらしい。出張先から最も近いのはZATS BURGER CAFE 高円寺本店。次回の出張では、必ずここに行き、「佐世保バーガー(ジャンボ)」1260円を食べることにするぞっ。

posted by M3 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

島原半島 口之津町でイルカウォッチング

 先日、長崎に1泊2日の旅行に行き、イルカウォッチングをしてきました。九州では、熊本県の天草五和町にある通詞島がイルカウォッチングでは有名ですが、実は長崎県側からも向かうことができます。今回の旅行ではハウステンボスにも行きたかったので天草側からではなく、長崎の島原半島側から見ることにしました。 事前に口之津観光船企業組合のホームページから予約をしていざ現地へ。

  一路、口之津町へ向かうため、諫早ICを下りて57号線を小浜方面へ。途中、六兵衛茶屋というところで食事。私は六兵衛と天ぷらを注文。六兵衛とはこちらのブログにもありますように、サツマイモの粉を蒸し作った麺です。麺は太く、うどんよりもこしがないため食べるとぷつぷつと切れてしまいます。確かにサツマイモの味がします。あっさりとしていて私は結構好きでした。

 

 食事を済ませ、小浜の温泉街を抜け251号線へ。途中、イルカウォッチングの看板がいくつもあります。一度間違えて口之津町の一つ手前の加津佐町の「かづさイルカウォッチング」にはいってしまいました。間違えてはいってしまったにもかかわらず、「予約しているのは隣町ですよ。お気をつけて。」ととても親切に対応してくださったおねえさん、どうもありがとうございました。次回は、きっとおねえさんのところでお願いします。

 そこから10分ほどで下の地図の口之津観光船企業組合に到着。

 予約時間よりも45分ほど早く着いてしまったため、他のお客がそろうまで待機。当日は幸いなことに天気がよく、風もなく波もおだやか。乗ったのは12名乗りの小さな船。船は結構なスピードで沖へ。25分ほどでイルカの群れと遭遇。いやぁ、壮観です。全部で100頭以上いたと思います。そのときの写真が下。

 イルカが現れると子供たちが大興奮。少しでも近くから見ようと船の舳先から身を乗り出すため、落ちるのではないかときがきではありませんでした。

 残念ながら翌日は雨でハウステンボスには行けなかったのですが、子供たちはイルカを見ることができて満足そうでした。また行ってみたいですね。イルカウォッチング。

posted by M3 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

やはり購入それも激安 Bluetooth携帯 SoftBank811SH

 Bluetoothヘッドフォンを2つも買ってしまった以上、時間の問題だと思ってはいましたがやはりBluetooth携帯を買ってしまいました。 購入したのは、SoftBankの811SH。シャープ製の携帯電話です。

 

 今回購入した811SHは実は新スーパーボーナスでの購入ではありません。SoftBankの場合、従来のインセンティブをやめ、端末価格をあげて基本料を下げるという売り方をしているため、普通に端末を購入しようとすると他のキャリアに比べ高額になります。その代わり、新スーパーボーナスという販売形態が用意されているのですがこれは我が家の用途ではあまりメリットがありません。というのも、新スーパーボーナスではワンセグなどの高機能携帯が欲しくてかつ月額利用料も3,ooo円以上でかまわない場合にはメリットがありますが、私の場合仕事用として他社携帯があるため、利用は家族間通話など限られた用途しか考えていません。しかも、私だけでなく嫁さん用にも必要となるため、「割引額は大きいが割賦も高額な機種」ではなく、「割引額は低いが割賦も低額な機種」で十分だと考えていました。しかし、新スーパーボーナスではこのようなタイプの携帯(例えば割賦額980円、月額割引980円となる機種)はボーダフォンロゴなどの古い機種や不具合多発が報告されている機種などおよそ使い勝手がいいとは言えない機種ばかりとなります。嫁さんは友人たちからのあおりもあり、早くSoftbankに代えたがっていたのですが、古い機種や不具合がわかっている機種は嫌だし、2年以上縛られることもネックで保留にしていました。

 そんな中、ヤマダ電機のイベントで「Yes!フリキュア5」のショーがあるということで子供にショーを見せるため行ったところ、たまたまSoftBankのブースでタイムセールに遭遇。その内容は、「シャープ製の810SH/811SHが新規購入1円」というものでした。新スーパーボーナスの場合、よく0円という表示を見かけますが1円だったためもしやと思い確認すると、新スーパーボーナスではないということでした。つまり月額の割引がない代わりになんの縛りもないということになります。

 これは我が家にとって最適。しかも、機種は2006年10月発売とそこそこ新しく、VGA液晶でFelicaも使え、必要な機能はほとんど備わっており見かけもシンプルで飽きが来ない。そして何よりBluetooth搭載。その場でブラックとピンクの2台を購入し、ホワイトプランで契約しました。あとで調べてみると結構人気があった割に出回った数が少ない機種だったらしい。こちらのレビューではいまいちみたいですし、ワンセグや最新の機種が好きな人にはあまり魅力はないと思いますが、我が家のニーズを満たす機種&契約が可能であったため嫁さん大満足。私もBluetooth対応で満足。ついでに子供もフリキュアショーを見ることができて大満足でした。

posted by M3 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(2) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

またまた購入Bluetoothヘッドフォン mLink-マリー (MPX3000ADD-MR)

 以前のエントリで紹介したBluetoothヘッドフォンmobilecast mBandは大変気に入っているのですが、下の写真のように未使用時はたためるとはいえ結構かさばります。また、むき出しでカバンの中に入れる際には、アームが折れないように気をつけないといけません。 

 そのため、出張時などは邪魔になることもあり持って行きません。しかし、普段Bluetoothヘッドフォンを使っているとBluetooth以外のヘッドフォンを使うたびにストレスを感じます。そこで.......あらたにBluetoothヘッドフォンを買い足してしまいました。あらたに買い足したのは、同じメーカーのmLink-マリー (MPX3000ADD-MR)。こんな箱に入っています。

 mLink-マリーの「マリー」はディズニーの「おしゃれキャット」のキャラクター。なにゆえこのシリーズを選んだかというと、単に安かったから。本当は黒色で目立たないミッキーマウスにしたかったのですが、すでに売り切れており、つぎに目立たないと思われたmLink-マリー を選択しました。なかなか使うには勇気のいる絵柄ですが、私の場合、この絵柄は気にしなくてもいいのです。というのも、mLink-マリーで実際にキャラクターが描かれているのはドングルの方。このドングル、mobilecast mBandのドングルと同じDongle3なのです。ちなみにヘッドフォンはMPX3000Dという型番。つまり、mLink-マリーのヘッドフォンMPX3000Dを使う時にもmobilecast mBandの絵柄のないドングルが使えるのです。ということで早速両者を組み合わせてみるとまったく問題なし。ついでに、ACアダプターも同じタイプだったためこれも共用できました。

 なお、ヘッドフォンは下記のようにイヤフォン型。イヤフォンの先にはクリップ式の受信用アダプターがつながっており、これで洋服などに固定する。見かけよりも軽く(ヘッドフォン込みで24g)気にならない。

  ヘッドフォン部にはいくつかボタンがあります。イヤフォン部分にファンクションボタンという電源ボタン兼音楽再生/通話切り替えスイッチが、クリップ部分にボリュームボタンがあります。また、マイク用の穴もあります。そうです。mLink-マリーはBluetoothタイプの携帯電話との連携が可能です。mobilecast mBandも聞くだけなら切り替えができるのですがマイクがありませんでした。その点、こちらはマイクもあるため、通話と音楽試聴をシームレスに切り替えることができます。(mobilecast mBandも可能でした)

 こうなるとますます携帯電話をBluetoothタイプに切り替えたくなってきますね。

posted by M3 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(1) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

Bluetoothヘッドフォンmobilecast mBandで快適ワイヤレス生活

 前回のエントリにあるように、Bluetoothヘッドフォンmobilecast mBandを購入しましたが、購入前は結構悩みました。

 Bluetoothタイプのヘッドフォンは種類が少なく、 しかもその大半がBluetooth対応プレイヤーやBluetooth対応の携帯電話用です。つまり、 U10やgigabeatのようなBluetooth非搭載のプレイヤーでは使えません。このような機器で利用したい場合、 ヘッドフォンとは別にドングルと呼ばれる専用ワイヤレスアダプターが必要です。このドングル、単体売りもされているのですが、 両方そろえると結構な金額になってしまいます。

 そのような中、mobilecast mBandの箱汚れ品が販売されているのを見つけました。mobilecast mBandは、 最初からドングルが込みですし、価格も安かったので即購入しました。


mobilecast mBand

 mobilecast mBandは、単体売りもされているドングル(mDongle3) とヘッドフォン(MPX2000) で構成されます。私は、通勤時はU10にドングルをさし、昼休みにはgigabeatに付け替えて利用しています。 U10につけると以下の写真のように大きく感じますが、実際にはさほど気になりません。

  

 これで、ケーブルに煩わされることはなくなりました。

 気になる音質ですが、低音もよく出ており、意外といいと感じました。ただし、 ワイヤレスならではの現象ですが時々ブツッと音がとぎれたりノイズがのることがあります。 特に上着の左下のポケットにドングルがくるような状態の時に、音がとぎれます。右側にあるときにはとぎれないため、 おそらくヘッドフォンの受信機能が右耳側にあり、体が障害物となっているのではないかと思います。本来、 Bluetoothは障害物に強いはずですが、少なくとも私の購入した製品ではこのような現象が発生しています。また、 これはBluetoothの特性上、若干遅れが生じすため、U10やGigabeatで動画を再生しているときは時々、 口の動きとあっていないように感じます。

 なお、バッテリーですが、カタログスペックではドングル8時間とヘッドフォン7時間(音楽視聴時)となっています。 ドングルだけ1時間余分に持っても意味ないので、7時間と考えるべきでしょう。基本的に毎日ドングルとヘッドフォン本体の充電をしているため、 これまでは途中で使えなくなったことはありませんが、長期間の出張時などは使う気にはなれないですね。いずれにせよ無線ですので、 飛行機内では使用許可が下りませんね。

 私の友人は、毎日充電するくらいなら多少ケーブルがからまろうが普通のヘッドフォンにすると言っておりますが、 何が苦痛で何が苦痛でないかは人それぞれ。ケーブルから開放された幸せをかみ締めながら、 毎日帰宅後ドングルとヘッドフォン本体の充電しています。

 

 


■期間限定★新生活応援フェア★アイリバーの人気機種が期間限定SALE!【17980円→12000円】 U10[1GB]

posted by M3 at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ヘッドフォン買い換え! Bluetoothヘッドフォン mBand(MPX2000)購入

 ヘッドフォンのケーブルって邪魔じゃありません?

 最近、健康のため会社まで40分ほどの距離を歩いて通勤しているのですが、その際、U10に転送した「聴く日経」や 「ファイナンシャルボックス」などのポッドキャスト番組を聴きながら歩いています。

 冬場は上着を着てマフラーを巻いた上にクリップ型(耳掛け型)のヘッドフォンをつけるのですが、歩いているとだんだん暑くなり、 やがてマフラーを取ったり上着を取ったりします。しかし、そのたびにいちいちヘッドフォンをはずし、 ケーブルをたばねてからマフラーや上着を取り、また装着しなければなりません。 無精をしてヘッドフォンをとらずにマフラーや上着を取ろうとすると、きまってケーブルがどっかに引っかかります。その際、 服のポケットからU10が飛び出し、ブランブランとぶら下がることもしばしば。いつか落としそうでひやひやします。しかも、 2月以降は花粉も飛び始めたため、ここにマスクが加ることで自体はさらに悪化。 下記のようにマスクのひもがしょっちゅうヘッドフォンのクリップやケーブルにからみます。

 通勤時には、毎回ヘッドフォンと格闘です。これって、私だけなのでしょうか?もう、うっとおしくてうっとおしくて。

 そこで、Bluetoothヘッドフォンを買いました。買ったのは、mobilecast mBand。購入後すでに2週間ほど立ちますが、快適快適。次回、詳しいレビューを書く予定です。


mobilecast mBand

posted by M3 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(1) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

gigabeat V30T(V30E/V60E)で動画再生−WMV形式への変換について 完結編

 gigabeat V30TV30E/V60Eも同様)用WMV形式への変換ですが、その後、いろいろと試してはみたのですが、 どれも時間がかかる。何とか時間短縮できないかと探し当てたのが、ATI社のAvivo Video Converterでした。

 このツールは、本来ATI社GPUによる動画ファイルのエンコード処理を支援するためのツールです。最新バージョンは、ATI Catalystのドライバが必要なため、ATI社のX1000 seriesがないと使えませんが、 下記によると変換がおっそろしく早いらしい。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/03/10/avivovideoconverter.html
なので、ATI社のX1000 seriesを持っていらっしゃる方はラッキー!

 さて、ATI社のX1000 seriesなんて持っていないという方も多いでしょう。ってゆうか、そういう人の方が多いはず。 何を隠そう私もそうです。そういう方は.....あきらめましょう。

 ・
 ・
 ・
 ・

 うそです。
 じ・つ・は。
 GPUに依存せずに動作するバージョンがあります。しかもGPU使っていないくせに変換がめちゃくちゃ早い。 どうやら最新版もATI社のX1000 seriesがないと使えないけど、GPU使ってはいないっぽい。

 ただし、こいつは公式サイトでは配布していません。再配布はおそらく不可ですので当方ではできません。使いたい方はぐぐりましょう。 すぐに見つかるはずです。

 そんなこんなで入手したら、インストールですが、一般的なセットアッププログラムはありません。 自己解凍形式のファイルをダブルクリックし、解凍します。

 

 すると、解凍したフォルダ内に「setup.bat」というバッチファイルがありますので、 これをダブルクリックします。

 以下のような、コマンドプロンプトの画面が出ますので、 質問に対し適切に答えていくとなにやらDLLやOCXをsystem32フォルダに放り込んだり、レジストリに登録したりして、 インストールが完了します。

 プログラムメニューなどは一切登録してくれないので、インストール先(デフォルトならC:\Program Files\ATI Technologiesフォルダ)から、「AvivoXCode.exe」をダブルクリックして起動します。

 起動すると以下のような画面が表示されるはずです。

 まずは、「START」をクリック。
 下記の画面で必要な項目を設定しますが、GigabeatV30T/V30E/V60Eユーザは「Output Format」に「WMV9」 ではなく「PortableMediaCenter」を選びましょう。「WMV9」を選択すると、 ビットレートでGigabeatで再生可能な800kbps以下が選択できません。ビットレートは、お好きなものを。 私はこの設定での最高レートしか試していません。なお、多少バギーで私の環境ではこの操作中に時々落ちます。

 さあ、後は「Convert」をクリックするのみです。ゆっくり、コーヒーでも入れて飲んで待ちましょう。

 コンバート完了。

 いやぁ、早い早い。他の方法であんなに時間がかかっていたのがうそのようです。

 細かいチューニングはできないけれど、Gigabeatで見る程度の画質ならあまりこだわることもないでしょう。

 ただし、このソフトウェアをインストールすることで他のビデオ関係ソフトウェアへの影響があるという報告もあります。利用される方は、 あくまでも個人の判断でお願いいたします。

 なお、WindowsMediaPlayerで変換した時に以下のようにめちゃくちゃ時間がかかっていましたが...。

モバイルノートPC(PentiumM1.2GHz、メモリ512M) →ソース 1時間MPEG2形式 約2時間
ノートPC(PentiumM1.7GHz、1.25GB)   →ソース 1時間MPEG2形式 約1時間


 ATI Avivo Video Converterでどれくらいかかったかと言うと。
モバイルノートPC(PentiumM1.2GHz、メモリ512M) →ソース 1時間MPEG2形式 約30分
ノートPC(PentiumM1.7GHz、1.25GB)   →ソース 1時間MPEG2形式 約15分

 おおおお。すげぇっ。

posted by M3 at 10:47| Comment(7) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

YahooBBでメール送信規制 OP25Bがついに我が家にも

 Gigabeatがいまいちメジャーでないためか、反応が薄いので今日は別の話題を。

 昨日、仕事から帰ってくると、嫁さんから「今日(2/5)、急にメールの送信ができなくなった」と言われました。ちょうどそのとき、 まさにGmailでメールを送信した直後だったため、嫁さんの利用しているshe's netのメールサーバに障害でも発生したのかと思い、 調べてみると、どうもSMTPがブロックされている様子。

 ついに来た、OP25B。YahooBBもOP25B規制を始めるとか何とか言ってたなぁと思い、YahooBBのサイトで調べると、 あらら、まさに2/5からだ。

 OP25Bとは「Outbound Port25 Blocking」の略です。主に迷惑メール対策として導入されているもので、 一般的にメールの送信に使われる25番ポートをブロックし、メールの送信を不可能とする仕組みです。といっても、 そのプロバイダのメールサーバまではブロックしませんので、プロバイダの用意しているSMTPサーバを使う一般的なユーザは問題がありません。

 まぁこのようにプロバイダが想定している使い方をしていれば問題はないのですが、我が家はそうではないため、 嫁さんが引っかかってしまった。ちなみにだめなのはメールクライアントを利用した送信で、Webメールなら送信可能です。

 私も嫁さん同様、メールクライアントを用いてメールの送信をしているのですが送信可能です。というのも、普段使うGmailがSMTP Over SSLで送信するため、25番ポートは使っていないから。なので、プロバイダのOP25Bに引っかかった方で、 どうしてもメールクライアントでメールの送信をしたいということであれば(いるかな?)Gmailがお勧め。

 さて、嫁さんへの対応ですが、まずはこれまでのメールアドレスで何とかできないかと試してみたのですが、残念ながらshe's netのメールサーバがサブミッションポートに対応していない。まぁ、she's netの場合、フリーなので文句も言えない。次に、 she's netのWebメールを試してみるともちろん送信は可能だが、インタフェースがしょぼく、使い勝手も悪い。 素直にYahooBBのSMTPサーバを使えばいいのだが、実は現在別のプロバイダへの以降手続き中でまもなく解約が決まっているので、 移行までの間YahooBBのSMTPサーバを使ってもどうせ乗り換えないといけないし、 今後もプロバイダを乗り換える可能性がないわけでないので、この際前々から乗り換えるように提案していたGmailへ変更させました。

 GmailはWebメールのインタフェースもAjaxにより優れているのですが、 嫁さんはメールクライアントを使いたいとのことだったので、Gmail側でPOPアクセスを許可し、メールクライアントで利用できるように設定。 今までのメールアドレス宛のメールはすべてGmailに転送し、後は嫁さんが知人にアドレス変更のメールを出すということで、 とりあえずOP25B対策が完了しました。一応、旧メールアドレスでもGmailのSMTPを使って送信できるようにはしていますが、 あまり好ましくはないので完全に移行させることに。

 しかし、最近増えてますね。OP25B導入するところ。うちの嫁さんもそうですが、 あまり詳しくない人は結構苦労するのではと思いました。
 でも、よく考えたら普通のユーザは契約しているプロバイダのメールサーバを使うだろうし、 他のメールサーバを使うような人はある程度知識があるだろうから問題ないのかな?困る人としては、 契約プロバイダ以外のメールサーバを使っていて、さほど詳しくない人ってところか。まぁ、多少はいそうですね。

 なお、私も10個くらいメールアドレスを使い分けているのですが、確認したところ、 Gmail以外のアドレスでの送信ができなくなっていました。めったに使わないのですが、たまに特定のメールアドレスで送信する必要があるので、 Gmailの差出人アドレス変更を使うことにしました。あっ、「契約プロバイダのメールアドレス以外のメールアドレスから送信したい」 っていう人がこれまでは送信できたのに急にできなくなったってケースが出てきそうですね。この場合、 契約プロバイダのメールアドレス以外のメールアドレスのメールサーバ(長い) がサブミッションポートに対応していないとOP25B対策で苦労するかも。

 しかし、こういう事態が発生すると、あらためてGmailっていいなぁと思うのでした。

posted by M3 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | security | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。