2007年03月31日

長崎の仇を江戸で討つ 佐世保バーガーが食べたい

 正確には「佐世保の敵を高円寺で討つ」かな?もちろん、もとは「江戸の仇を長崎で討つ」ということわざ。意味は、「江戸と長崎とはとても離れているところから、意外な場所で昔の恨みの仕返しをすること」

 先日の長崎旅行ではイルカウォッチングは天気に恵まれたものの翌日予定していたハウステンボスはキャンセル。しかし、それよりも密かに楽しみにしていた佐世保バーガーが食べられなくなってしまったことが残念でなりません。

 佐世保バーガーは、佐世保市名物の手作りハンバーガーの総称です。ひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める」ハンバーガーの総称。佐世保は日本におけるハンバーガー伝来の地らしく、アメリカ海軍から教わったハンバーガーを佐世保独自のアレンジで熟成させて来たものが現在へと受け継がれてます。最近は、トヨタ・ラクティスのCM(九州版)でも出てきます。CMでも一目瞭然ですがその大きさも特徴です。予定していた佐世保のログキットという店では直径15cm〜20cm以上になる事もあるそうです。

 しかし、我が家から佐世保は車で3時間弱。今回チャンスを逃したので次回佐世保に行くのはいつになるやら。地元にも佐世保バーガーの店はあり、味はいいのですがサイズが小さい。どうせなら、大きいのを食べてみたい。ということで、旅行ではいけそうにないのでよく出張に行く東京にないかと調べてみると...。

 なんと、そもそも「佐世保バーガー」と命名したのは東京・中野に「ZATS BURGER CAFE(ザッツ・バーガー・カフェ)」という店であることが判明。現在東京では中野に2つ、高円寺に1つの計3店舗あるらしい。出張先から最も近いのはZATS BURGER CAFE 高円寺本店。次回の出張では、必ずここに行き、「佐世保バーガー(ジャンボ)」1260円を食べることにするぞっ。

posted by M3 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

島原半島 口之津町でイルカウォッチング

 先日、長崎に1泊2日の旅行に行き、イルカウォッチングをしてきました。九州では、熊本県の天草五和町にある通詞島がイルカウォッチングでは有名ですが、実は長崎県側からも向かうことができます。今回の旅行ではハウステンボスにも行きたかったので天草側からではなく、長崎の島原半島側から見ることにしました。 事前に口之津観光船企業組合のホームページから予約をしていざ現地へ。

  一路、口之津町へ向かうため、諫早ICを下りて57号線を小浜方面へ。途中、六兵衛茶屋というところで食事。私は六兵衛と天ぷらを注文。六兵衛とはこちらのブログにもありますように、サツマイモの粉を蒸し作った麺です。麺は太く、うどんよりもこしがないため食べるとぷつぷつと切れてしまいます。確かにサツマイモの味がします。あっさりとしていて私は結構好きでした。

 

 食事を済ませ、小浜の温泉街を抜け251号線へ。途中、イルカウォッチングの看板がいくつもあります。一度間違えて口之津町の一つ手前の加津佐町の「かづさイルカウォッチング」にはいってしまいました。間違えてはいってしまったにもかかわらず、「予約しているのは隣町ですよ。お気をつけて。」ととても親切に対応してくださったおねえさん、どうもありがとうございました。次回は、きっとおねえさんのところでお願いします。

 そこから10分ほどで下の地図の口之津観光船企業組合に到着。

 予約時間よりも45分ほど早く着いてしまったため、他のお客がそろうまで待機。当日は幸いなことに天気がよく、風もなく波もおだやか。乗ったのは12名乗りの小さな船。船は結構なスピードで沖へ。25分ほどでイルカの群れと遭遇。いやぁ、壮観です。全部で100頭以上いたと思います。そのときの写真が下。

 イルカが現れると子供たちが大興奮。少しでも近くから見ようと船の舳先から身を乗り出すため、落ちるのではないかときがきではありませんでした。

 残念ながら翌日は雨でハウステンボスには行けなかったのですが、子供たちはイルカを見ることができて満足そうでした。また行ってみたいですね。イルカウォッチング。

posted by M3 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ブログパーツFLO:Q(フローク)を試してみました

Seesaa×FLO:Q(フローク)世界でひとつだけのブログパーツ多機能型デザイナーズ・ブログパーツ 「FLO:Q(フローク)」 で、世界にひとつだけのブログパーツを作ろう。ただいま話題のPS3が当たるブログパーツ特集を実施中!今すぐFLO:Q(フローク)を使いたい方はこちら


seesaaの管理画面にアクセスするとブログパーツの紹介リンクが。たどってみると、FLO:Q(フローク)というパーツがあり、とりあえず試してみた。お気に入りのFLASHや音楽も再生できるとのことなので、カスタマイズしてみたい。最近、ブログパーツも増えてきたが、多用すると統一感がなくなるので、このように一つのパーツで複数の要素を提供できるパーツの方がいいなと感じました。
アクセス解析などもあるといいですね。
posted by M3 at 02:28| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」で700000のキリ番ゲット

 先日、遅ればせながら「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」というサイトを知りました。

 こちらのサイトは、30代〜40代の方に特にお勧め。私ははまってしまいました。

 章ごとに話がわかれており、すでに7章までは完結。とっても量が多いのですが、私は一気に7章分読んでしまいました。 現在は8章が継続中。なんと毎日1話ずつ追加されています。(見習わねば)

 7章まで一気に読んで8章にさしかかったのはいいのですが、一つ困ったことが。
 というのも、1日1話ずつしか読めないのです。読み始めた頃はすでに7章まで完結していましたので続きが気になればすぐに次が読めたのですが、 追いついてしまった今、読みたくても続きがアップされないと読めない。すっかり中毒化しています。

 先日は、「早くアップされないかなぁ」と何度かリロードしているうちに、何とキリ番間近であることに気づき、ついつい狙ってしまいました。
その結果が以下。

 やったぁ。キリ番げっとぉ。「ぼくちゅう」の世界に引き込まれ、多少精神年齢が若返ってしまったのか、 子供じみたまねをしてキリ番とってしまいました。

 もともとキリ番なんて狙ったことなかったので初めてじゃないかな?しかも、70万ヒット。

 2ヶ月ほどブログを書いていなかったのですが、ちょうどいい機会なので、この記事をポストしてブログ、再開しようかなと思っています。

 

posted by M3 at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

Softbank Hawks 2006最終戦

Softbank、2006年のペナントレース最終戦。
試合は今年終盤を引きずるかのようなさんざんな内容でしたが、試合後に最終戦セレモニーがあり、病気療養中の王監督がグラウンド上に姿を見せてくれました。さぁ、10/7からはいよいよプレーオフです。今年こそっ。

softbank 2006 最終戦



softbank 2006 最終戦



softbank 2006 最終戦



softbank 2006 最終戦



softbank 2006 最終戦



softbank 2006 最終戦


posted by M3 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

懐かしの「異星人解剖フィルム」

 下の映像を見たことがある人も多いでしょう。

 通称「異星人解剖フィルム」。当時はその真贋が話題になりましたが、2chの速報ヘッドラインを眺めていたら

「ロズウェル事件"異星人解剖フィルム ― エイリアン製作者が遂にカミングアウト」

 のスレが。懐かしいのでつい読んでしまった。


この度、英イーストボーンに住む男性が、90年代後半に世界的に話題を呼んだ、通称「異星人解剖フィルム」 のエイリアンを製作したことを遂にカミングアウトしたとのこと。

異星人解剖フィルム(Alein Autopsy Film)とは、1995年、英国の音楽プロデューサー、レイ・ サンティリ氏が撮影者である元カメラマンから極秘に入手して世に公開したとされる、UFO 事件史上最もセンセーショナルなフィルムである。

フィルムには1947年、米ロズウェルに墜落したUFOから回収したとされる異星人の解剖過程が生々しく映し出され、 各国のテレビ局を通じて公開された後は、その真偽を巡って大論争を巻き起こした。
しかしこの度、映画の特殊美術などを手がける彫刻家、ジョン・ハンフリー氏が、10年前のフィルムに映し出された異星人のモデルが、 自らの手によるものであることを遂に認めたのである。

ハンフリー氏によれば、過去10年間、ある守秘義務に基づきフィルムに関与したことをひた隠し続けてきたという。

  しかし、YourTubeにはこんな映像まであるんですね。

 

posted by M3 at 19:15| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。