2007年02月10日

gigabeat V30T(V30E/V60E)で動画再生−WMV形式への変換について 完結編

 gigabeat V30TV30E/V60Eも同様)用WMV形式への変換ですが、その後、いろいろと試してはみたのですが、 どれも時間がかかる。何とか時間短縮できないかと探し当てたのが、ATI社のAvivo Video Converterでした。

 このツールは、本来ATI社GPUによる動画ファイルのエンコード処理を支援するためのツールです。最新バージョンは、ATI Catalystのドライバが必要なため、ATI社のX1000 seriesがないと使えませんが、 下記によると変換がおっそろしく早いらしい。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/03/10/avivovideoconverter.html
なので、ATI社のX1000 seriesを持っていらっしゃる方はラッキー!

 さて、ATI社のX1000 seriesなんて持っていないという方も多いでしょう。ってゆうか、そういう人の方が多いはず。 何を隠そう私もそうです。そういう方は.....あきらめましょう。

 ・
 ・
 ・
 ・

 うそです。
 じ・つ・は。
 GPUに依存せずに動作するバージョンがあります。しかもGPU使っていないくせに変換がめちゃくちゃ早い。 どうやら最新版もATI社のX1000 seriesがないと使えないけど、GPU使ってはいないっぽい。

 ただし、こいつは公式サイトでは配布していません。再配布はおそらく不可ですので当方ではできません。使いたい方はぐぐりましょう。 すぐに見つかるはずです。

 そんなこんなで入手したら、インストールですが、一般的なセットアッププログラムはありません。 自己解凍形式のファイルをダブルクリックし、解凍します。

 

 すると、解凍したフォルダ内に「setup.bat」というバッチファイルがありますので、 これをダブルクリックします。

 以下のような、コマンドプロンプトの画面が出ますので、 質問に対し適切に答えていくとなにやらDLLやOCXをsystem32フォルダに放り込んだり、レジストリに登録したりして、 インストールが完了します。

 プログラムメニューなどは一切登録してくれないので、インストール先(デフォルトならC:\Program Files\ATI Technologiesフォルダ)から、「AvivoXCode.exe」をダブルクリックして起動します。

 起動すると以下のような画面が表示されるはずです。

 まずは、「START」をクリック。
 下記の画面で必要な項目を設定しますが、GigabeatV30T/V30E/V60Eユーザは「Output Format」に「WMV9」 ではなく「PortableMediaCenter」を選びましょう。「WMV9」を選択すると、 ビットレートでGigabeatで再生可能な800kbps以下が選択できません。ビットレートは、お好きなものを。 私はこの設定での最高レートしか試していません。なお、多少バギーで私の環境ではこの操作中に時々落ちます。

 さあ、後は「Convert」をクリックするのみです。ゆっくり、コーヒーでも入れて飲んで待ちましょう。

 コンバート完了。

 いやぁ、早い早い。他の方法であんなに時間がかかっていたのがうそのようです。

 細かいチューニングはできないけれど、Gigabeatで見る程度の画質ならあまりこだわることもないでしょう。

 ただし、このソフトウェアをインストールすることで他のビデオ関係ソフトウェアへの影響があるという報告もあります。利用される方は、 あくまでも個人の判断でお願いいたします。

 なお、WindowsMediaPlayerで変換した時に以下のようにめちゃくちゃ時間がかかっていましたが...。

モバイルノートPC(PentiumM1.2GHz、メモリ512M) →ソース 1時間MPEG2形式 約2時間
ノートPC(PentiumM1.7GHz、1.25GB)   →ソース 1時間MPEG2形式 約1時間


 ATI Avivo Video Converterでどれくらいかかったかと言うと。
モバイルノートPC(PentiumM1.2GHz、メモリ512M) →ソース 1時間MPEG2形式 約30分
ノートPC(PentiumM1.7GHz、1.25GB)   →ソース 1時間MPEG2形式 約15分

 おおおお。すげぇっ。

posted by M3 at 10:47| Comment(7) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の至らないblogへの初コメント、ありがとうございました。AVIVO video converter 試してみます。有益な情報をありがとうございます。今後ともごひいきにさせて頂きます。
Posted by kazu at 2007年02月13日 02:12
WMPの設定で、同期時に変換させないというオプションがあります。
ポータブルデバイス毎の設定なので、ちょっとわかり辛いですが。

動画ファイルの場合、エクスプローラでは付いてこないタグ情報があり、「不明なソース」になってしまいますから、どうしてもWMPで同期させてやる必要がありますからね。
Posted by KoZ at 2007年02月13日 11:25
A's Video Converter を使うと細かいチューニングができるようです。
http://bluesky23.hp.infoseek.co.jp

しかも、グラフィックスボードに関係なく最新バージョンのエンコーダを利用できたりします。
Posted by at 2007年03月11日 03:43
お聞きしたいのですが、DVD2WMVではDVDdecripterで取り込んだFILEをフォルダごと指定して変換することが出来たのですが、AVIVO video converterではFILEを一つずつしか変換できないのでしょうか?確かに時間は早いのですがどのように変換されているのでしょうか?なにかFILEを結合したりするのでしょうか。まったく素人で申し訳ありません。教えてください。
Posted by kazu at 2007年03月27日 23:43
kazuさん、コメントありがとうございます。
AVIVO video converter単独ではファイル一つずつの変換となります。作者ではないのでどのように変換しているかは知りません。なさりたいのは、同一フォルダ内にある複数ファイルの一括変換と言うことでしょうか?であれば、woodgreenさんが作ってくださった「Avivo Batch」を用いれば可能です。URLは下記になりますが、Perlを使えるようにしなければなりませんので初心者の方にはすこし敷居が高いかもしれません。マニュアル通りに行えば使えますのでチャレンジしてみてください。
http://wg.at.webry.info/200604/article_2.html
Posted by M3 at 2007年03月28日 08:27
ご返答ありがとうございます。「どのように変換・・・」というのはFILEを一つ一つ変換というのは手間だなと思いましてみなさんどのように活用されているのかなと思ったのです。言葉がおかしくてすいませんでした。確かに初心者には理解できないところがありますが挑戦してみます。この速さは本当に魅力ですよね。あとは一括変換さえ出来れば・・・。
Posted by kazu at 2007年03月28日 20:41
AvivoXCodeでDVDを動画に変換したのですが動画を再生してみますと途中までしか動画が再生できないのですがどうしたらいいのか教えてください。
Posted by KZ at 2010年01月28日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。