2007年02月04日

gigabeat V30T(V30E/V60E)で動画再生−WMV形式への変換について

 gigabeat V30TV30E/V60Eも同様)ですが、前のエントリに書いたように神ファームのおかげでワンセグの視聴・録画は快調そのもの。

 しかし、他の録画機で録画した動画の再生に関しては、iRiver U10ほど簡単にはいきません。いや、簡単ではあるのですが時間がかかりすぎ。私は、 HDDレコーダとしてNEC製のAX-10および東芝製のRD-XS46を使っていますが、これまでは、 これらで録画した番組をLAN経由でPCにダウンロードし、PC上で見たり、 それぞれのデバイスで再生できる形式に変換してU10やPocketPCで見たりしていました。

 gigabeatもWMV形式にして転送することで、他の録画機で録画した動画を再生できます。

 一見、便利なのですが、私が所有するiRiverU10やPocketPCで再生できる形式に変換する際よりも、 動画の変換に時間がかかります。ちなみに、 マニュアルどおりWindowsMediaPlayer経由で変換した時は以下のような時間がかかりました。

 モバイルノートPC(PentiumM1.2GHz、メモリ512M) でソース1時間MPEG2形式を変換→約1.5時間
 ノートPC(PentiumM1.7GHz、1.25GB) でソース1時間MPEG2形式を変換→約1時間

 もうちっと短くならないものかな?と考え、いろいろ試した結果、 最終的に上記時間のほぼ1/4から1/3程度で変換することができるようになりましたので、次回からその経緯を紹介します。

posted by M3 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。