2006年02月16日

ソニータイマーは実在した。1200時間経過後電源が入らなくなる液晶テレビブラビア。

 ソニーの液晶プロジェクションテレビ〈ブラビア〉「KDF-42E1000/50E1000」にソフトウェアの不具合があったようです。

 上記アナウンスによると、視聴時間の累積が一定時間(約1200時間)経過すると、「テレビ視聴中に電源オフできない」、 「電源スタンバイ状態から電源オンできない」、「入力切り換えができない」といった症状が現れるとのこと。

 うーん、ソニー製品はただでさえ、保障期間が切れるころに壊れる(いわゆるソニータイマー)などといわれていますが、 まさか1200時間で発動するような仕様だったとは...。

 まー、単なるバグのようなので対象機種をお使いの方は、修正ソフトウェアを適用してください。

【送料無料】ソニーKDF42E1000<お取り寄せ>SONY 地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョン液... KDF50E1000☆★SONY 50型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶プロジェクション 「BRAVIA...

 

posted by M3 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。