2006年06月28日

VAIO type U<ゼロスピンドル>発売。ついにHDDレスの時代が。

 

 ソニーは6月27日、HDDの代わりに16Gバイトのフラッシュメモリを搭載したモバイルPC 「VAIO type U」2機種を、7月3日よりVAIOオーナーメードモデルとして受注開始すると発表した。
価格は20万9,800円から。


  「VAIO Type U」そのものは5月16日に発表されており、 その際にゼロスピンドルもラインナップされることが公表されていたが、安くても25,6万だろうと思っていただけにこの価格だと十分購入対象だ。 しかも、ワンセグチューナーが搭載されている。

 ううう、iRiverU10購入に伴い、最近あまり使っていないGenioをとっとと売っぱらい、 あまり進化していない新W-ZERO3 WS004SHをあきらめて、こっちを買うかなぁ。でも、 今使っているモバイルノートもVAIO VGN-T72Bだけに、ソニおたに見られるのもなぁ。買って半年たつから、 いっそVGN-T72Bも売っぱらっちまうかな。でも、「VAIO type U」ではモバイルノートの完全置き換えは無理そうだしなぁ。

 なぁんて、いずれにせよ悩む対象ができたことがうれしい。最近、 モバイル関連で物欲がさっぱり湧いてこなかったので久々に買いたい商品が現れただけでもうれしい。 フラッシュメモリなので書き換え回数の上限は大丈夫なのかなという心配もあるけど、発売までまだ少しあるからもう少し悩もうっと。

posted by M3 at 23:28| Comment(1) | TrackBack(6) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

バイオペット!?なぞのおもちゃが、近日発売!Genpets

 genpets

 この写真は、近々発売予定(となっている)Bio-Genica社のGenpetsの写真だ。Genpetsとは何か? サイトを見ると、Genpetsは、BioengineeredPet、つまりバイオ技術で作られたペットだとある。

 写真のパッケージをよく見ると、左側にLEDが灯っている。このLEDはFreshStripといい、彼らの状態を示しているそうだ。 なんせ、「なまもの」。店頭での販売時にFreshStripで、彼らの「新鮮さ」がわかるようになっているのだそうだ。 

 とまぁ、Genpetsそのものの説明はうさんくささ満載。しかし、サイトは必見。手の込みようたるやすばらしいの一言。 PDF形式のリセラー向けカタログまで用意してある。

 ちなみに、"genpets.com"をwho isすると、 

  Domain name: genpets.com 
   Registrant Contact:
     Bio-Genica INC
     Adam Brandejs

 で、Adam Brandejs氏でググってみると、こぉんなサイトが。 トロントのCollege of Art & Design 出の24歳、Sculptor(彫刻家)/programmer とのこと。

 まぁ、artか本物かはさておき、ここ数日は、「Coming soon…」となっているCommercial(おそらく動画だろう) が公開されていないか気になってしょうがない。

posted by M3 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ファイルは暗号化した。元に戻してほしければ金を振り込め。〜身代金を要求するウイルス

 ランソムウェアと呼ばれる新たなコンピュータ・ウイルスが2005年ごろから発見報告されている。
そのひとつ、「Pgpcoder」は、以下のような動作をする。

1.感染したPCのレジストリを改変する
2.「.doc」「.html」「.jpg」「.txt」など15種類の拡張子のファイルを検索し、勝手に暗号化する。その後、 オリジナルファイルは削除してしまう。
3.暗号化したファイルのあるすべてのディレクトリに、「いくつかのファイルは暗号化した。デコーダーを買いたければメールしろ」と記述した 「Attention!!!.txt」というファイルを残す。
4.最後に自分自身を削除する。

このウイルスはInternet ExplorerのHTMLヘルプの脆弱性「MS04-023」を突いて感染する。 悪意のあるサイトを訪れたユーザーのPCにまずダウンローダがインストールされ、 このダウンローダがさらに別のサイトからPgpcoderをダウンロードして実行するという流れ。

暗号化を元に戻すためのデコードツールは200ドルとされている。

勝手に暗号化されるのはもちろん困るが、実は大昔に暗号化して、すっかりパスワードを忘れてしまったファイルがまだHDD内にある。
PCを買い換えるたびに(私は年に2〜8台程度買い換えます)、 PCからPCへと受け継がれてきた今となっては何が入っていたのかもわからないファイル...。いつか、 この暗号化ファイルを元に戻すことができるかもと考え、いまだに持ち続けている。

posted by M3 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | security | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

世間をにぎわす2大画伯

 最近、2人の画伯が世間をにぎわしている。「和田画伯」と「はいだ画伯」である。

 和田画伯はメディアでも報じられているのでよくご存じであろう。そう、多くの作品に盗作の疑惑があるとされる和田画伯のことだ。 今さら絵を並べるべくもなく、誰がどー見ても盗作としか思えないのだが、当の和田画伯は以下のようにのたまっている。

 曰く、
  「1970年代にイタリアに留学して以来、スギ氏(盗作された側の画家)とは長い付き合いで、 留学当時は一緒に習作やデッサンをして芸術的な影響も受けたが、 盗作ではない

  「これらの作品はスギ氏と私の共同制作です。 コラボレーションなんです。 これは誰かが私をワナにはめようとしてるんです。誰かの陰謀です!」

  「絵の具の盛り上がりかたが違います

  「だいいち絵の具の種類が違う!」

 言い訳がだんだん子供じみてきてる気がするが、このように和田画伯の自己弁護は非常に見苦しい。しかし、もう一人の画伯は立派である。 はいだ画伯と言ってもわからない人も多いかもしれないが、NHK「おかあさんといっしょ」19代目のおねえさんと言えばわかるだろうか。 なぜ歌のおねえさんが画伯を呼ばれるに至ったかは、以下にYouTubeの動画を貼っておくのでご覧あれ。ただし、 明らかに著作権侵害なので消えてなくなるかもしれない。リンクが切れていたら、「はいだしょうこ スプー」 でYouTube内をサーチされるとよろしかろう。

<<<<<リンク切れ>>>>>>>

 動画でもわかるが、はいだ画伯はこの大作を描き上げた後、こうのたまいました。

 『描けてよかったー』

 自分の絵がどのようなものかは十分に理解しているであろうに、このいさぎよさは何ともすがすがしい。しかも、はいだ画伯は、 以下のように多くの人たちに影響を与えている。

  YouTube - 破壊神スプー saitama city under attack by spoo

  【怪物スプー】 しょうこ画伯補完 【歌のお姉さん】

 明らかに絵をパクリながら、「芸術的な影響も受けたが、盗作ではない」 なんていう画家もどきよりも、私は「はいだ画伯」に拍手を送りたい。

posted by M3 at 23:19| Comment(3) | TrackBack(10) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。