2006年01月31日

モバイルネットトレーディング

[ ][ ]

 ネットトレーディング、はやっていますね。なんせ、私の母(還暦こえてます)まで始めるくらいですから。

 ネットトレーディングといっても、売買注文をインターネット経由でPCを使ってできるというだけなんですけどねぇ。 年寄りには敷居が高いようで、母に一通り教えるのにかなり苦労しました。しかも、ちょっとでも手順と異なるともうお手上げらしく、 すぐに電話がかかってきます。まぁ、 これまでいくら薦めても触ろうとしなかったパソコンを積極的に利用するようになっただけでもいいのかなと思っています。

 私自信もネット証券歴は3年ほど。実店舗ではかれこれ10年以上ですが、この株高のおかげで、 10年近く塩漬けにしていた株までプラスに転じています。ライブドアショックさえなければ大幅プラスだったのですが、 一月前の水準に戻ったきり帰ってきません。

 それはさておき、私が今現在利用しているネット証券は、全部で4箇所。各社、特色があるため使い分けています。私の場合、 PDAも用いますのでPDAからのアクセスも重視します。

 ネット証券の情報は多いのですが、PDAによる使い勝手に関しては情報が少なく、実際に使ってみてはじめてわかることも多かったので、 今後ブログで少しずつ書いてみたいと思います。PDAで株の売買をされる際に参考にしてくだされば幸いです。

 

posted by M3 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

東横インで火事騒ぎ

[ ]

 広がりを見せる東横イン騒動ですが、あらためて自分が出張で使っているホテルを調べると、東横インの割合が多いのに気づかされます。 メリットがあるから泊まるのですが、実は過去にいやな目にあったことがあります。

 それは昨年、東京の首相官邸そばにある、完成してまだ数ヶ月程・の東横インに泊まった時の話です。深・0時少し前に、 火災警報が鳴り響きました。そして、自動的に流れる音声メッセージが「火災の恐れがあります。現在確認中ですのでお待ちください」 とかなんとかいい始めます。この段階では、誤作動かな?と思っていたのですが、その後、自動警報がだんだんグレードアップしていきます。 「火災が発生しました。落ち着いて避難してください。火元を確認中です。」「火災発生、火災発生、至急避難してください。」

 この段階で、「こりゃマジだぜ」と思い、廊下を伺うと他の宿泊客が不安そうに顔を出しています。いったん部屋に戻り、 翌日に備えスーツを着て(サラリーマンの宿命)、モバイル一式(PC、PDA、MP3プレイヤー等)をかばんにつめ、同じフロアの人に 「逃げましょう」と一声かけて、非常階段に向かうとなんと鍵があきません。 通常は火災報知機と連動して空くようになるはずなのに堅く閉ざされたままです。

 「まじ、しゃれになんねぇ」そう思った私は、非常階段の反対側の私の部屋の前へ。 そちらには避難梯子があるのを事前に確認していたのです。 「こっちから降りましょう」他の宿泊客ともども、意を決して避難梯子を降りることに。 おりしも、季節は冬。私の宿泊階は6階で外は風が強く、雨まで降っていましたが、避難梯子をしっかり握り締め、つたい降りていきます。 避難梯子は、床に穴が開き、1フロアずつ降りていくタイプ。穴が非常にせまいため、手の皮はすりむくわ、スーツは汚れるわで散々でしたが、 なんとか1階のエントランスに到着することができました。

 すでに他のフロアの客は、通常の非常階段などを使い避難していましたが、やはり非常階段の扉の鍵があかなかったフロアの宿泊客は、 避難梯子をつたいぞくぞく降りてきます。避難している人の中には、パジャマ姿のままの人も多く、着の身着のままという感じでした。 スーツ着ているの俺だけかも?冷静に思いながら、情報を得ようと先に避難している人に話を聞くも、誰もわからない。従業員はというと、 姿が見えない。そうこうするうちに、警官がやってきて、従業員の方いませんかと問いただしたところ、やっと一人の従業員が現れた。東横インは、 基本的に従業員は女性。しかも・間は一人くらいしかいない。この日もその女性が一人だけいたようで、本部に連絡をとるなどに追われ、 宿泊客の誘導や放送などはいっさいなされていなかった。

 結局、客がすったタバコに警報装置が反応した誤作動(喫煙室なのに)ということで終わったのだが、特に従業員からは説明もなく、 警官に教えてもらいました。部屋に戻ったのが25時。ほぼ丸々1時間、冬空の雨の中、外にいたわけです。
 翌日も何事もなかったかのように「いってらっしゃいませ」というので、頭にきて「昨日の説明はしないんですか?」と問いただすと、 副支配人なる人間が出てきて、「今調査中で後日改めてご説明します」とのこと。後日、よくわからない手紙とともに\500の割引券が。 「お前はYahooBBか」とかなんとかつっこみながらも、その\500は後日使いました。

 他にも部屋に戻ったら鍵がなくて合鍵を渡されたり(部屋に誰かいたらどーするよ、おいっ)したこともあったので、 まぁ安いから仕方ないかと思っていましたが、今回のような発言をされると、すべてが疑わしく思えてしまいます。
 企業倫理が問われる昨今、内部統制とまではいいませんが、もう少しどうにかしてもらいたいものですね。

スキー2006


1周年謝恩特別プラン【西日本】

 

posted by M3 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(2) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

「東横イン」とは一切関連がございませんということなので、東急インでググって見ると...

[ ]

 お騒がせ中の「東横イン」ですが、同じくホテルチェーンの東急インが、名前が似ているためにとばっちりをうけているらしい。 東急インのホームページでは東急ホテルズおよび東急グループは、「東横イン」とは一切関連がございません。」 のメッセージが掲載されています。

 確認しようとGoogleで「東急イン」 でサーチするとなんと「東横イン」が2番目に!! (2006.1.29 19時現在)しかも、 トップは東急インのトップページではなく渋谷東急インでした。

 うーん、ググってみたら皮肉な結果になってしまった。

posted by M3 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東横イン「車でいうと60キロのところを 67,8キロくらいで走ったって、まあいいか」って、おいっ。

[ ]

 東横インのホテル不正改造問題が報じられています。

 東横インチェーンはよく利用していました。トータルで50泊くらいはしているでしょうか。インターネットが利用でき、きれいで、 軽食ですが朝食付きと魅力的なので利用していました。しかし、今回の不正そのものよりも西田社長の会見から伺える経営姿勢に失望してしまいました。

 当初発覚した不正は、横浜市のホテルでしたが、その後も全国で不正が発覚しています。

 「姉歯建築設計事務所による構造計算書の偽造」問題で、ホテルに対してもその構造に対する不安が増していますが、東横インはいち早く、

   「全ホテルを調査しましたが、構造計算偽装はありません」

と、表明していました。しかし、

   「車でいうと60キロのところを 67,8キロくらいで走ったって、 まあいいかと思ってたのは事実」

なんて言うぐらいですからね。なんか信用ができません。

 しかも朝日新聞では以下のように報じられています。


ビジネスホテルチェーン大手「東横イン」が横浜市のホテルで偽装工事をしていた問題で、 改造前後の2種類の図面に記載されている 「1級建築士」が設計業務には関与していない疑いがあることがわかった。朝日新聞社の取材に対し、 この建築士は 「実際の業務にかかわったことはない」と証言。東横イン側は、 このホテルのほか全国展開している約120のホテルのうち約70棟についてもこの建築士名で建築確認などの手続きをしていたと認めた。

 構造計算偽装がないって判断したのは誰なんでしょうね。 「車でいうと60キロのところを 67, 8キロくらいで走ったって、まあいいか」なんて考えをしている社長が経営しているホテルですから、 「全ホテルチェックしたって言っておけばいいか」なんて考えそう。そもそも、「建築士名を無断使用」しているわけですから、 構造計算もどこまで信用できるやら。

 今まで、地方によっては東横インに宿泊を決めていたのですが、今後は別のホテルも検討しないといけませんね。

 私はホテル予約はほとんどの場合、インターネットで予約しています。主に出張で使っているのが、楽天トラベルBestReserveといった総合予約サイトです。また、プライベートの旅行時は、 一休ozなどを使います。 東横のようなチェーンは宿泊数に応じたサービスがあるので、乗り換える場合は、他のホテルチェーンも検討した方がよさそうですね。 今までに使ったことがある、国にチェーン展開しているホテルとしては、ドーミーインチェーン、ホリデイ・イン、アパホテル等々がありますので、 このあたりから選ぶことになりそうです。

それぞれ特徴があるので、後日それぞれの特徴などを紹介することにします。

posted by M3 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

モバイル投資やら、URLフィルタリングやら、イントラネット監視やら

[ ][ ]

  genio e830bitWarpでインターネットに接続していますが、 ちょっとした時間に株価の動向を調べたりするのにも便利です。

 本格的に株式投資しているわけではないのでたいした使い方はしていないのですが、 移動の合間や昼休みなどにザラバを見たりする際は使い勝手がいいと思います。もちろん、携帯電話でもザラバを見たり、 売買したりできますが一覧性や操作に難があったり、iアプリなどは想像以上にパケ代がかさんだりします。また、私の場合、 会社から携帯電話を支給されてからはプライベートの携帯電話を解約してしまったので、会社の携帯電話でする気になれないというのもあります。

 会社の同僚の中には、大胆にも会社の携帯電話やイントラネットでザラバを見たり、売買している人もいますが、 監視されていないとでも思っているのでしょうか?実際、会社側も業を煮やしたのか、 最近証券会社のサイトがURLフィルタリングされるようになったようで、先日のライブドアショック時に、「アクセスできないくなってる」 と言っていました。「フィルタリングのせいで売れず持ち株の価格が下がった」とぼやいていましたが、仕事しろよって感じです。 「株だけじゃなくおまえの査定も下がってるよ」と心で思いながら、そういえば最近、会社のアクセス制限が厳しくなったなと感じます。まぁ、 昔から会社のイントラで株ばっか見ている人やせっせとアダルト画像集めている人がいましたが、そんな人たちのために、 仕事で必要なサイトにアクセスできなくなるのも困ったものです。というのも、 私が仕事で利用するサイトも結構な割合でURLフィルタイリングに引っかかるようになったからです。 URLフィルタリングにもいろいろあるのですが、うちの会社ではProxy上でチェックしており、禁止キーワードに引っかかったり、 管理者がリストしている禁止URLにアクセスしようとすると「このサイトへのアクセスは禁じられています。 業務上必要ならばxxに申請してください。」といったようなメッセージが出るようになっています。

 しかし、特に困るのがアクセス許可申請すら不可能なサイトです。うちの会社では2chや各種BBSがその対象となってます。 ご存じの方も多いと思いますが、技術上の深い情報などは2chやBBSなどから得られることも多く、検索エンジンから、 そのようなサイトに誘導されることもあるわけです。まぁ、2chなどは玉石混淆ですから、 管理者にしてみればいちいちチェックしていられないってのもあるのでしょうが。

 ま、そんな時はイントラネットはすぱっとあきらめて、e830&bitWarpでつなぎます。 2++などの優れた2chブラウザもありますしね。

 しかし、アクセス制限もですが、イントラネットなどは会社によって程度に差はありますが、ある程度は監視されていることが多いです。 あんまり業務に関係ないアクセスは、やばいかもしれませんよ。

 

posted by M3 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

電源が入らない!

[ ]

先日、 genio e830の電源が急に入らなくなってしまいました。忙しくて3日ほど充電するのを怠ったので充電が尽きてはいたのですが、 通常通りクレードルに載せて充電をしようとしたところ、一瞬電源が入り、すぐに切れてしまいました。通常とは異なる動作だったので、「おやっ」 と思いクレードル上で電源ボタンを押しても、うんともすんとも言わない。充電ランプはついていたので、死んではいないなとは思ったのですが、 その後、何度押してもまったく電源が入りません。念のため充電が完了するまで待ってみたのですが、それでもだめでした。

 そこで、通常は購入直後に入れるバッテリーのスイッチをいったんオフにし、再度オンにしたところ、何とか電源が入るようになりました。 しかし、SDメモリにとっていた最新のバックアップを戻そうとしたところ、「バックアップファイルが壊れている」というメッセージが。 「がぁぁん」一応、内臓フラッシュROMにも古いバックアップがあったので、1ヶ月も前のバックアップでしたがそいつを戻すことに。 今度はリストアできたのですが、再起動時に表示が崩れる!しかも、液晶が少しずつ薄れるように消えていくというわけのわからん現象。 仕方ないので、ソフトリセット、ハードリセットといろいろ繰り返すも現象は変わらず。

 ひとつだけ、心当たりがあったのが無保証のリアルVGA化フリーソフト。e830は、 640×480ドットつまりVGA表示対応の4型液晶を搭載しているのですが、Windows Mobile 2003 SE では単純にフォントサイズを大きくして、 QVGA と同じ見た目できれいな画面を表示するだけ。表示可能情報量は増えないのです。でも、 それではせっかくのVGA表示対応の4型液晶の意味がありません。そこで、SE_VGA という海外製のフリーソフトを使い、 強制的にリアルVGA表示をしていました。海外製のフリーソフトですので、日本語に正式に対応しているわけではなく、もちろん無保証。

 仕方がないので、ぐずぐずに壊れたGUI上で、液晶が消える前に何とかSE_VGAをアンインスコ。いったんQVGAに戻した上で、 再度リアルVGA化。今はなんとか落ち着いています。しかし、バックアップが古いため、bitWarpの設定前の状態で、 その後接続設定やらメーラーやら、ネット関連はすべて設定しなおし。とっても疲れました。

 PocketPCは初代iPAQを皮切りにiPAQ h2210、Genio e400とe830で4機種目だったのですが、 このような現象は始めて。あらためて、バックアップの重要性に気づかされました。今後は、バックアップが壊れている可能性も考え、 こまめにバックアップをとろうと誓いました。

posted by M3 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

bitWarpPDAで定額ネット接続¥2,100

[ ]

今、メインで利用しているPDAは、東芝製のPocketPC Genio e830 ですが、 これを選んだ理由が定額モバイル通信サービスのbitWarpPDA対応機種だという点です。

bitWarpPDAは、PDAでの利用に限定されますが、最大通信速度128kbps、 月額料金が税込みで2,100円と格安です。無線LANが普及した今、 PHSなんて今更と思われる方も多いと思いますが、出張先によっては使えない地域も多いのです。また高速バス、列車、新幹線などで移動中は、無線LANはほとんど使えませんが、bitWarpは意外に切れません。 切れたとしても自動的に再接続するので、無線LANのように再認証の手間が省けます。 長時間の移動時などは特にインターネットに接続したくなることも多いため、いろいろ検討した結果、 コストの低いbitWarpPDAに決めました。

なお、新幹線など速度の速い移動時は少し切れやすいようです。この場合は、 アクセスポイントを切り替え、32kで接続すればさらに安定します。 気をつける必要があるのは、このとき、通常の32kbpsアクセスポイントである0570-570-112##61に接続すると、 「PDAコース専用アクセスポイント以外の電話番号に接続した」ことになり、10.5円(税込)/1分の従量料金が発生することになります。 PDAコース専用アクセスポイントは通常0570-570-100##64なのですが、この末尾を61にすると、 定額で32K接続できます。

AirH"も検討したのですが、 定額にするとコスト的メリットがあまりありません。 ちょっとしたメールチェックやWebの閲覧などはPDA+bitWarpPDAで十分対応できます。また、bitWarpPDAは、PDA以外での利用時も10.5円(税込) /1分の従量料金で接続が可能です。いざ、というときはPCから使うこともできます。

bitWarpPDA契約前までは、 PocketPCはもっぱら動画再生マシンだったのですが、契約後はかなりの割合でインターネットに接続しています。 定額接続はコストを気にせずに接続できるので、使い方が劇的に変わります。おかげでi-modeの料金も格段に下がりました。

対応機種を使ってらっしゃる方は、一度検討してみる価値があるかもしれませんよ。

 

posted by M3 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

そのメール、読まれてるかもしれませんよっ

[ ]

最近は、ホテルもインターネットが利用できて当たり前となりつつあります。ホテルを予約する際は昔から旅の窓口(今は楽天に買収され楽天トラベル)などの総合旅行サイトを利用するのですが、 やはりニーズが多いのか、インターネットが利用できるホテルの一覧を表示できるようになっています。 モバイラーとしてはインターネット接続は必須なので、最近はこの一覧のページをお気に入りに入れておいて、この中から選んでいます。

しかし、確かに便利な反面、危険も伴います。

特に無線LANを使っている場合などは注意が必要です。というのも、無線LAN利用可能なホテルの多くが暗号化を施しておらず、 通信内容の傍受が可能だからです。他の宿泊者やあるいは無線LANの電波は意外と遠くまで届くため、 ホテルの外からも盗聴される危険性があるのです。また、同じネットワークに入ることになりますので、場合によっては不正侵入すら可能です。

ある無線LANが利用可能な大手ホテルチェーンに泊まった際のことですが、そのホテルは暗号化はおろか、 ANY接続拒否すら施されていないため、ノートパソコンを起動しただけで接続してしまいました。しかも、 打ち合わせのため隣の喫茶店にノートパソコンを持って行ったのですが、そこからもつながってしまいました。 この状態でメールの送受信をすればメールの中身や場合によってはメールパスワードも傍受される可能性があります。また、 試しにネットワークコンピュータのアイコンをダブルクリックすると他のコンピュータ名も見えます。 それらのコンピュータでついうっかりファイル共有したままになっていたら...。

会社の同僚などに聞くと、皆、意外と無防備にホテルのインターネットを利用しています。私は、ネットサーフィン(もう死語ですね) には使いますが、メールの送受信に関しては基本的にホテルのインターネットなどは使いません。面倒でもPHSで接続し直すか、 さもなくば認証からメールの送受信まで暗号化可能なアカウントでのみ送受信します。これは無線に限らず有線LANでもそうです。 ホテルのネットワーク管理者はやろうと思えば全トラフィックを監視できます。むろん大半のホテルではそのようなことはしていないと思いますが、 100%ないというだけの根拠はありませんからね。

皆さんもお気をつけを。

posted by M3 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

NO MOBILE,NO LIFE

[ ]

タワーレコードのコーポレートボイスに「NO MUSIC,NO LIFE」というのがあります。

サイトを見ると、「音楽があることで生活が豊かになる。音楽がなかったら生きてはいけない。」という意味とのこと。

 

私は音楽も好きですが、それ以上にノートPC、PDA等モバイル機器が大好きです。

さしづめ、 「NO MOBILE,NO lIFE」 ってところでしょうか。

このブログでは、モバイル機器や一緒に活用して便利なガジェット、モバイル関連の様々なサービスをご紹介していきたいと思います。

posted by M3 at 16:27| Comment(1) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。